【徹底比較】ETFと投資信託、初心者にはどっちがお手軽??

Pocket
LINEで送る

キリン
今回の記事では「VOOなどのETF」と「eMAXIS Slimなどの投資信託」どちらを購入すべきか悩まれている方に向けて、私の回答をお伝えしたいと思います。

結論:投資信託がお手軽

まずはキリンのポートフォリオを見てください。

私の保有銘柄のうち、「VOO、SPXLとBND」がETF、

「eMAXIS Slim S&P500」が投資信託になります。

そしてS&P500連動銘柄は「VOO」と「eMAXIS Slim S&P500」です。

なんでETF(VOO)と投資信託(eMAXIS Slim S&P500)、両方持ってるの?
キリン
有名なウォーレン・バフェットがVOOの運用会社であるヴァンガード社を勧めているし、何と言っても信託報酬が最安値だからVOOに一括投資したんだけど、VOOは積立NISA対象銘柄ではないからeMAXIS Slimを買い始めたのが両者を持ったきっかけなんだよ。
きっかけ?
キリン
きっかけはそうなんだけど、両者を運用し始めたら、eMAXIS Slimの方が手軽で、投資に時間をかけたくない人にとっては魅力的だと思ったからその理由を教えるね。

ETFと投資信託の違い

ETFとは上場投資信託のことで、金融商品取引所で取り引きされる投資信託の事。

内容については殆ど変わりはありませんが、「取得方法が異なる」と言う点が、大きなポイントです。

また信託報酬もETFの方が若干安く設定されているのが、一般的です。

(下記表出典元)

 

非上場投資信託がお手軽な理由は取得方法って事!?
キリン
その通り。次に両者のメリット・デメリットを確認していこう。

メリット・デメリット

今回の比較では、「購入方法」「購入時に取得できるポイント」「信託報酬」「分配金」

についてどちらが優れているか確認していきましょう。

ETF 投資信託
購入方法 個別株を購入する手順と同じ

SBI証券なら定期自動積立可能

定期自動積立

楽天証券ならクレジット決済可能

付与ポイント有無 なし 楽天ポイント
信託報酬 VOO 0.03% eMAXIS Slim S&P500 0.0968%

一般的に割高

分配金 あり

複利効果を得るためには再投資が必要

基本的にはなし
その他 ヴァンガードなどの有名企業が運用会社 積立NISA対応

 

 

 

 

キリンのおすすめ投資方法

楽天証券で非上場投資信託購入なら、クレジットカード決済が可能であり、5万円までは1%の楽天ポイントが付与されます。まるで楽天市場でショッピングをするような感覚です。

もし夫婦で2口座持っている場合は、10万円までは楽天証券で手数料の安いeMAXIS Slim系の投資信託の購入をおすすめします。

毎月の投資額が5万円、もしくは夫婦で10万円を超える場合は、ポイントはもらえませんが、

そのまま楽天証券でeMAXIS Slim系の投資信託を購入しても良いですし、VOOなどのETFを購入しても問題ないと思います。

【キリンおすすめの投資方法】

証券会社:楽天証券でクレカ決済

毎月の積立額:5万円(夫婦であれば10万円)

商品:投資信託(eMAXIS Slim系)

その他:5万円(夫婦であれば10万円)を超えて投資する場合は、eMAXIS Slim系の投資信託を追加購入、もしくはVOOなどのETFを購入しても問題なし

どのeMAXIS Slim系の商品を買ったらいいか迷っている方は下記記事に代表的な4商品の概要比較を纏めてあるのでチェックしてみてね。

eMAXIS Slim厳選紹介

まとめ

今回は非上場投資信託の方が手軽でおすすめだよって記事を書かせてもらいました。

実際に私も楽天証券で毎月5万円クレカ自動積立を継続していますが、一度設定してしまえば、あとは何もする必要がないので、本当に楽チンです。

投資信託(eMAXIS Slim)は分配金もありませんので、再投資の手間も省けます。

ぜひこれから投資を始める方は参考にしてみてください。

キリン
今回はここまでだよ。見てくれてありがとう!

 

Pocket
LINEで送る

最新情報をチェックしよう!