【めざせ👊全エントリー当選✨】美女と野獣・フォレストシアター・グリーティング別の攻略法!

Pocket
LINEで送る

こんばんは🌙 アミサです。最近は、夏休み期間中ということで息子(5歳🚹)娘(1歳🚺)が寝静まった夜に、ブログ執筆しております😂

さて今日は、お馴染みのディズニーエントリーについて、

✅ 美女と野獣・ベイマックスなどアトラクションのエントリー

✅ ミニーのスタイルスタジオなどグリーティングのエントリー

✅ フォレストシアターなどショーのエントリー

それぞれのエントリーの特徴と当選するために何が出来るのか💪をまとめてみたいと思います✨

それぞれのエントリーの特徴を掴もう!

当選するために何ができるのかを考えるには、それぞれのエントリーの特徴をまずは知らなければなりません。

まずはディズニーが取り入れている独自の抽選システムの最低限の知識として

✅ 1日を通して満遍なく当選者を出すために、締め切りギリギリまで当選者を出す仕組みである

✅ 1日を通して当選確率は一定ではなく、運営側が状況に応じてある程度操作可能である

ということは押さえておきましょう。(抽選システムについて詳しくは👉こちら)



エントリー全てに共通する特徴

まずは、エントリー全般に共通する特徴です。

💡 初回枠(もしくは初回公演)は、他の枠(公演回)に比べ、抽選時間が短いのでエントリー人数は少なくなることが期待できる

💡当選確率は、随時、当選者の数によって時間の経過とともに変動している(=時間変動性の抽選)

基本的なことですが、当選しやすさを考える上ではとても重要なことです。これを踏まえて、それぞれの特徴を見ていきます。

アトラクションエントリーの特徴

美女と野獣・ベイマックスといったアトラクションエントリーの特徴としては以下が挙げられます。

💡 アプリにエントリー案内中の待ち時間が表示される

💡 ショーと違って並び席を用意する必要がない

💡 回転率(1度に捌ける人数としての効率)は比較的良い

💡 システム調整などがない限りは、ほぼ一定に人数を捌けるので待ち時間が変動しにくい

グリーティングエントリーの特徴

ミニーのスタイルスタジオなどグリーティングエントリーの特徴としては以下が挙げられます。

💡 アプリにエントリー案内中の待ち時間が表示される

💡 ショーと違って並び席を用意する必要がない

💡 回転率(1度に捌ける人数としての効率)はあまり良くない(1グループごとの対応なので比較的時間がかかる)

💡 グループ人数によってグリーティング所要時間が多少変わることもあり、待ち時間が変動しやすい



ショーエントリーの特徴

フォレストシアター・クラブマウスビートなどショーエントリーの特徴としては以下が挙げられます。

💡 待ち時間は発生しない

💡 並び席で当選させる必要がある

💡 ブロック内では、列ごとに左右交互に端から座席を埋めている可能性が高い

それぞれの特徴から分かること

💡 アプリにエントリー案内中の待ち時間が表示される

👉  待ち時間から混雑状況がある程度把握できるので、待ち時間が延びている時間帯の次回枠は当選者を減らして列を調整する可能性、反対に、待ち時間が少ない時間帯の次回枠は当選者を増やすように調整する可能性があります。

※その極端な例が、エントリー対象アトラクションの通常スタンバイ解放です。見込まれるエントリー者が少なく、待ち列の混雑がないと予想される時間枠に関してはエントリーをなくして列に並んで体験できるようにしています。

💡 ショーと違って並び席を用意する必要がない

👉  エントリー人数による当選確率の優劣がないと予想されるので、締め切り間際の少人数の優位性がないと思われます。

💡  ショー・グリーティングの回転率と待ち時間

👉  アトラクションのように、一定に人数を捌けるものは待ち時間が変動しにくいです。反対に、グリーティングはグループごとの対応になるので、人数によって多少時間に差が出てきてしまう為、待ち時間は変動しやすいです。つまり、待ち時間が変動しやすい=当選確率も変動しやすい、待ち時間が変動しにくい=当選確率も変動しにくいということです。

💡 並び席で当選させる必要がある

👉  これはショーエントリーの最大の特徴です。これはつまり、締め切り間際、席が埋まってきている状況下だと、人数によっては並び席が用意できない場合は100%落選することを意味しています。裏を返せば、少人数の場合の締め切り間際のエントリー優位性が若干上がるということです。

💡 列ごとに左右交互に端から座席を埋めている可能性が高い

👉  以前に私が行った当選座席についてのアンケートの結果から分かったことです。(詳細はこちら)ブロック(通路)をまたいでの隣席や、前後など固まった席での当選はないことも分かっています。端から埋めている場合、エントリー人数による優劣はつきにくくなります。それでも、締め切りギリギリすぎると大人数(目安5名以上)はやはり残席が少なくなっていることが予想される為不利になり、その分少人数は若干優位性が増します。



それぞれの当選確率を上げるための対策

それぞれのエントリーの特徴と特徴から見えて来る傾向が分かったところで、メインイベントの「では、当選確率を上げるためにはどうすれば良いか」をまとめます。

アトラクションエントリーは○○を有効活用せよ!

アトラクションエントリーは、待ち時間が発生する特徴上、また、初回枠は入園開始からエントリー時間が短いことからも、物理的に考えて初回枠は優位です。

次枠以降は、締め切り時刻の30分前くらいから待ち時間をアプリでチェックして、現在の待ち時間が少ない(待ち列が短)ければ、次枠は当選確率は高めからスタート、待ち時間が多(待ち列が長)ければ当選確率は低めからスタートする可能性が高いです。だから、次枠以降にエントリーする場合は、締め切り時刻30分前〜締め切り時刻までの間に、待ち時間を見てエントリーするかしないかを判断するといいかも知れません。

待ち時間が延びる要因としては、1番大きいのはシステム調整です。休止していた時間にもよりますが、システム調整や片側メンテナンス(ベイマックスなど)で列が進まず、待ち時間が延びているような状況直後の回はエントリーを避けるか、少し経ってからのエントリーが無難です。

💡アトラクションエントリーまとめ

✔︎ 物理的にエントリー数が少なく待ち時間0スタートの「初回枠」を狙う

✔︎次回枠以降は、締め切り時刻の30分くらい前からアプリの待ち時間を確認し、エントリーするかしないかを決める

✔︎システム調整や片側メンテナンスなどがあった場合は、待ち時間が延びる傾向にあるので、その直後のエントリー回は避けた方が無難

※システム調整の情報は、Twitterなどで通称なうタグ♯TDR_nowで検索したり、「美女と野獣 シス調」「ETBB シス調」「ベイマ メンテ」などで検索すると情報がヒットすることが多いです。

💮 アトラクションエントリーは、Twitter現地情報を有効活用せよ!



グリーティングエントリーは○○を見て作戦を立てておこう!

グリーティングエントリーは、アトラクション同様、待ち時間が発生する特徴上、また、初回枠は入園開始からエントリー時間が短いことからも、物理的に考えて初回枠は優位です。

次枠以降も、アトラクションと同様で、締め切り時刻の30分前くらいから待ち時間をアプリでチェックして、現在の待ち時間が少ない(待ち列が短)ければ、次枠は当選確率は高めからスタート、待ち時間が多(待ち列が長)ければ当選確率は低めからスタートする可能性が高いです。だから、次枠以降にエントリーする場合は、締め切り時刻30分前〜締め切り時刻までの間に、待ち時間を見てエントリーするかしないかを判断するといいかも知れません。一般的な傾向として、グリーティングの種類にもよりますが11時〜13時付近は待ち時間が延びる傾向にあります。その時間帯の枠のエントリーは、当選確率が低めからスタートする可能性が高いので、入園直後のエントリーは避けて、しばらく経ってからエントリーするなどの工夫も有効だと思います。グリーティングは待ち時間が変動しやすいので、こまめにアプリで待ち時間をチェックしておくのが◎

💡グリーティングエントリーまとめ

✔︎ 物理的にエントリー数が少なく待ち時間0スタートの「初回枠」を狙う

✔︎ 次回枠以降は、締め切り時刻の30分くらい前からアプリの待ち時間を確認し、エントリーするかしないかを決める

✔︎ 待ち時間が伸びやすい時間帯をあらかじめ調べておく

※過去の待ち時間を見て、大体どの時間帯にグリーティングが混雑するのかを把握してあらかじめ「どのグリーティングを何時頃の回に、いつエントリーするか」といった作戦を立てておくのも重要です。(全て初回枠にエントリーすれば確かに全て当選するかも知れませんが、時間がかぶってしまって放棄するのでは意味がないですからね💦)

🏰 ディズニーランドリアルタイム待ち時間(グリーティング)>>>こちら

💮 グリーティングエントリーは、過去の待ち時間サイトを見て作戦を立てておこう!



ショーエントリーは○○を参考にエントリーしよう!

ショーエントリーもやはり、初回公演は物理的に開園から締め切り時刻までの時間が短く、そういった意味では初回枠は理論上は優位になります。

次回公演以降は、随時未エントリー人数がどれくらい残っているかによって、当選率が上がったり下がったりしていると思われます。そのため、当選確率の上がる時間は、1日のうちで大半のゲストのエントリーの動きに応じて変動します。その日の天候などによって(例えば、午後から雨予報なので、午前中はアトラクションに乗っておき、ショーは午後からの回をエントリーしよう!など)ゲストの動きで左右されるため、予想が難しいのですが、大まかな傾向はあるものと思われます。そこで、公演回・分刻みのエントリー時間・当落を共有し、1日のうちで当選した方が最も多かった時間帯にエントリーするのが吉だと考えられます。

💡ショーエントリーまとめ

✔︎ 物理的にエントリー数が少ないことが期待できる「初回公演回」を狙う

✔︎  当選確率の上がる時間帯は、その日の大半ゲストの動きで左右されるため、その傾向を掴むべく、詳細なエントリー時間&当落の分かるデータを参考にエントリーする

以下は私が独自に7/22以降のデータを募集した結果です。アンケート募集は7/29から開始でまだ日が浅くデータが少ないですが、以下は平日にフォレストシアターの第1回目公演にエントリーした方々の当落の結果です。

このような形でデータを集めてみて、例えば10分ごとにデータを分析して当選している確率が高い時間帯を狙ってエントリーをしてみてはいかがでしょうか。このような結果は結果が集まり次第、Twitter()にて公開します。

🎀  ショーエントリー当落時間共有用アンケート🎀

✅ 7/22(木)以降にショーの抽選をされた方

✅ エントリー時刻を「○時△分」まで正確に覚えていらっしゃる、もしくは正確に記録している方

🏰  フォレストシアターは 👉  こちら

🏰  クラブマウスビートは 👉     こちら

🌊  ビッグバンドビートは 👉  こちら

※ 結果はtwitter()にて共有

💮 ショーエントリーは、みんながエントリーしている時間と当落を参考にエントリーしよう!

こちらの記事では、ご提供頂いたデータを10分刻みに分析し、当選している時間帯を割り出しています◎👉データ分析でフォレストシアターやクラブマウスビートの当たりやすい時間が分かる!



まとめ

💮 アトラクションエントリーは、Twitter現地情報を有効活用せよ!

👉 システム調整などのあった直後の枠は避けた方がいいかも!

💮 グリーティングエントリーは、過去の待ち時間サイトを見て作戦を立てておこう!

👉 待ち時間が多くなりがちな時間帯の前後枠を狙ってみよう!

💮 ショーエントリーは、みんながエントリーしている時間と当落を参考にエントリーしよう!



Pocket
LINEで送る

最新情報をチェックしよう!